改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.15(土)

改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、Cyber News Flashとして「Webサイトへのサイバー攻撃に備えて」を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月1日、Cyber News Flashとして「Webサイトへのサイバー攻撃に備えて」を公開した。これは、Webサイトに対する改ざんやDDoS等の被害が複数寄せられていることを受けたもので、特に改ざんや情報窃取などの被害が発生した場合は事業に直結する影響を受ける可能性があるとして、サイバー攻撃に備えてWebサイトの定期的な点検を行うよう勧めている。

また、「脆弱性を突いたWebサイトへの侵入と情報窃取」および「脅迫を伴ったDDoS攻撃やAnonymousによるDDoS攻撃」を代表的なWebサイトへの攻撃の事例として紹介し、点検項目を挙げている。点検項目は「利用製品(プラグインなど追加の拡張機能も含む)のバージョンが最新であることの確認」「Webサーバ上のファイルの確認」「Webアプリケーションのセキュリティ診断」「ログインIDとパスワードの確認」「DDoS 対策や、対応体制の確認」の5つ。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×