「Outlook」向けに定例外のセキュリティ情報を公開(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

「Outlook」向けに定例外のセキュリティ情報を公開(日本マイクロソフト)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

日本マイクロソフト株式会社は7月28日、「Outlook」の脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムを定例外で公開したと発表した。公開されたセキュリティ情報は、CVEベースで3件(CVE-2017-8571、CVE-2017-8572、CVE-2017-8663)。対象となるプログラムは次の通り。

Microsoft Outlook 2007 Service Pack 3
Microsoft Outlook 2010 Service Pack 2
Microsoft Outlook 2013 Service Pack 1
Microsoft Outlook 2013 RT Service Pack 1
Microsoft Outlook 2016

CVE情報は次の通り。

CVE-2017-8571
Microsoft Office Outlook セキュリティ機能のバイパスの脆弱性(重要)
CVE-2017-8572
Microsoft Office Outlook の情報漏えいの脆弱性(重要)
CVE-2017-8663
Microsoft Office Outlook のメモリ破壊の脆弱性(重要)
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×