Apache Struts 2 において Struts 1 由来のプラグインでの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

Apache Struts 2 において Struts 1 由来のプラグインでの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

Apache Struts のバージョン 2 系に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威
◆概要

Apache Struts のバージョン 2 系に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。脆弱なバージョンの Struts を用いており、脆弱なコーディングでアプリケーションを作成している場合は、当該脆弱性の影響を受けます。ソフトウェアのアップグレードや、アプリケーションのコーディングを見直すことにより、脆弱性に対策してください。

----------------------------------------------------------------------

◆分析者コメント

当該脆弱性は任意のコードが実行可能となるものですが、対象となる Struts アプリケーションの実装による問題が大きい脆弱性であるため、S2-046 などに比べると社会的な影響度合いは高くないと考えられます。ソフトウェアをStruts 2.5.x 系にアップグレードして対策することが望ましいですが、コーディングでも脆弱性に対策することが可能であるため、日頃の Strtus によるアプリケーション開発の際に、当該脆弱性対策のコーディング手法をセキュアコーディングの手法の一つとして留意することを推奨します。また、不要なサンプルアプリケーションを削除することで、セキュリティを強化することを推奨します。

----------------------------------------------------------------------
◆深刻度(CVSS)
[CVSS v2]
7.5
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v2-calculator?name=CVE-2017-9791&vector=(AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P)

[CVSS v3]
9.8
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2017-9791&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

----------------------------------------------------------------------

◆影響を受けるソフトウェア

Struts 2.3.x 系が当該脆弱性の影響を受けると報告されていますが、検証を実施した結果、Struts 2.2.x 系でも脆弱性の影響を受けることを確認しています。OGNL 式により任意のコマンドを実行しているため Struts 2.x 系が当該脆弱性の影響を受けると考えられますが、どのバージョンまで当該脆弱性の影響を受けるかは報告されていません。

----------------------------------------------------------------------

◆解説

Apache 財団が公開している Web アプリケーション開発のフレームワークである Struts に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。
《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

    マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

  2. セキュリティホール情報<2003/05/06-1>

    セキュリティホール情報<2003/05/06-1>

  3. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  4. TeamCity におけるパス文字列処理の不備に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report)

  5. スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

  6. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  7. 不正送金のリスクも ~ 消費者庁、Microsoft ロゴ用いたサポート詐欺に注意喚起ふたたび

  8. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  9. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  10. 同性異性問わず接触「mixi」でのオンライン詐欺に注意呼びかけ

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×