Appleを騙るフィッシング、PDFファイルが添付されるケースを複数確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

Appleを騙るフィッシング、PDFファイルが添付されるケースを複数確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、PDFファイルが添付されたAppleを騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシング対策協議会は7月5日、PDFファイルが添付されたAppleを騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。確認されているフィッシングメールの件名は「アカウントのステータス更新(メールアドレス)」「AppIelD 情報が更新されました。」「あなたのアカウントを確認する」の3通り。

メールの本文は件名により異なるが、いずれも添付ファイルを開くよう指示している。添付されているPDFファイルには、フィッシングサイトへ誘導するURLが埋め込まれているという。確認されたフィッシングサイトのURLは以下の通り。

http://●●●●.ink/1hUe
https://sign-in.appleld.●●●●.center/js/sso_login/Login.php?[パラメータ]
http://●●●●.ly/cpplejp
http://●●●●.ly/LYfA30dfXbZ
http://アップルジャパンのログインid.●●●●.com/ログイン/日本語/
http://●●●●.ly/2sF5qmy
http://●●●●.com/baratoesvoelos
https://アップルジャパンのログインid.●●●●.com/clients/
http://●●●●.co/6mNwR
https://●●●●.net/sign-idapple.apple.jp/Login.php?[パラメータ]

同協議会によると、7月5日9時30分の時点で複数のフィッシングサイトが稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続き注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてEメール / ID、個人情報、クレジットカード情報、パスワードなどを絶対に入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×