2016年度の国内標的型攻撃対策支援サービス市場は前年比19.9%増の95億円(ITR) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

2016年度の国内標的型攻撃対策支援サービス市場は前年比19.9%増の95億円(ITR)

ITRは、国内の標的型攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は6月20日、国内の標的型攻撃対策支援サービス市場規模推移および予測を発表した。これによると、国内標的型攻撃対策支援サービス市場の2016年度の売上金額は95億円、前年度比19.9%増と順調に伸びている。特に、標的型攻撃対策製品で脅威の検知や通信状況の分析を行い、インシデント発生時には顧客に対して迅速に最適な対策支援を行うセキュリティサービスのニーズが拡大し続けていることから、2017年度は同17.5%増の112億円と予測している。

同社のシニア・アナリストである大杉豊氏は、標的型攻撃の検知は非常に難しくなりつつあり、また昨今のインシデントの潮流として、メール対策を含めたインターネット・ゲートウェイだけの対策では不十分、多層・多重の防御対策、および監視を実施することが重要としている。2020年に向けて国内企業が攻撃の対象となる割合は、過去の海外事例などから急激に増加することが予測され、同市場の対象サービスの需要がより増していくとコメントしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×