アジア人初の DEF CON CTF ファイナリスト集団によるハンズオントレーニング、虎ノ門ヒルズに開校 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

アジア人初の DEF CON CTF ファイナリスト集団によるハンズオントレーニング、虎ノ門ヒルズに開校

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

NHN テコラス株式会社は、韓国・シンガポールを拠点に情報セキュリティ教育事業を展開する NSHC Pte. Ltd.と業務提携し、情報セキュリティ人材育成サービスの提供を開始した。

Webペネトレーションのコースが 6 月 28 日(水)から 6 月 30 日(金)までの 3 日間、マルウェア分析のコースが 7 月 3 日(月)から 7 月 5 日(水)までの 3 日間、虎ノ門ヒルズ森タワーのセミナールームで開かれる。

セキュリティ人材育成(NHN テコラス)
https://techorus-security.com/academy/

同社 セキュリティ事業部 アライアンスチーム 石井 絵理 氏は、「セキュリティ製品を導入しても使いこなせる人材が少ないなど、セキュリティ人材育成のニーズはとても高い一方で、優秀な人材の取り合いになっており、ヘッドハントできる体力がない企業は深刻な状況」と語り、昨 2016 年秋から、人材育成サービスの準備を始めたという。

●ネットワーク・セキュリティ・ハッカーズ・クラブ

人材育成プログラムを提供する NSHC 社は「ネットワーク(N)・セキュリティ(S)・ハッカーズ(H)・クラブ(C)」という、ストレートすぎる名称の略。13 年前同社を創業した ルイス・ハ 氏 は中学生時代から、層の厚い韓国のハッカーコミュニティで頭角を現し、19 歳のとき DEF CON CTF のファイナリストに、アジア人で初めて選ばれた経歴を持つ人物。 CODE BLUE の講師などで何度も来日し、すでに日本のセキュリティコミュニティでも知られた存在だ。

本誌連載「ペネトレーションテスターは見た!」でおなじみの利根川氏同様、ルイス氏もまた、ネットが存在しなかった時代にゲームのチートからハッキングのキャリアをスタートさせ、インターネットが登場すると、スタンドアロン環境で蓄積した技術をネットワークに応用し、経験を重ねていった。

19 歳のときルイス氏は、毎年ラスベガスで開催される世界最大のハッキングコンテスト DEF CON CTF にアジア人として史上初めてファイナリストとして参加した。本誌でこれまで継続的に紹介してきたとおり、DEF CON CTF は、そもそも本選に勝ち残ることすら難易度の高い、世界中の腕に覚えがあるハッカーが参加するまさに国際大会の最高峰。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×