リーク情報:イギリスで政府による国民のリアルタイム監視合法化の動き、BT他キャリア大筋合意(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

リーク情報:イギリスで政府による国民のリアルタイム監視合法化の動き、BT他キャリア大筋合意(The Register)

文書に記載されているのは、イギリス国内の任意の人物をリアルタイムで監視する権限を政府に与え、同時に、強力で解読不可能な暗号化ツールを実質的に非合法化するという内容だ。

特集
イギリス政府は今、大規模な監視能力を身につけようと悪戦苦闘しているが、極秘のうちに計画の細部を詰めていたことが明らかとなった。暗号化されたバックドアを設置、そのバックドアを通じて、イギリスで飛び交っている通信をリアルタイムで傍受しようというのだ。

《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

    今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

  2. メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

    メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

  3. Non State Actor 図鑑(6)ニセ情報拡散に貢献「ファクトチェック機関」

    Non State Actor 図鑑(6)ニセ情報拡散に貢献「ファクトチェック機関」

  4. 今日もどこかで情報漏えい 第24回「2024年4月の情報漏えい」虎屋? ヨックモック? 千疋屋? ~「手土産」は個人情報

  5. 日本プルーフポイント 内田浩一が魅せられたサイバー攻撃の超絶技巧

  6. 2 次元殺法コンビ 蔵出し愛のアルバム [Scan 創刊 17 周年記念 特別寄稿]

  7. TwoFive メールセキュリティ Blog 第15回「RUA の宛先を増やすと DMARCレポートが受け取れない?!? ~ DMARCレコードの RUAタグに入れられる宛先数の制限について調べてみた」

  8. 情報漏えいとサーチエンジンが生み出した“名寄せ”大衆化のリスク 第一回 名寄せインフラの成立

  9. どうする、汚染された開発ツール問題

  10. 【インタビュー】安全だったものが危険なものに、露 Dr.Web ボリスCEO

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×