脆弱性を悪用するエクスプロイト攻撃が前年から約25%増加(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.24(水)

脆弱性を悪用するエクスプロイト攻撃が前年から約25%増加(カスペルスキー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社カスペルスキーは5月17日、2016年のエクスプロイトの状況と攻撃について調査したKaspersky Labによるレポート「エクスプロイト攻撃:日常の脅威から標的型攻撃まで」を発表した。レポートによると、2016年に同社製品ユーザに対するエクスプロイトを利用した攻撃の試みは7億200万回で、2015年の5億6,300万回強に比べて24.54%増加した。

また、エクスプロイト攻撃を受けた法人向け製品ユーザ数は28.35%増加の69万以上にのぼり、エクスプロイト攻撃を受けた全ユーザに対する割合は15.76%に達している。特に多く悪用されているアプリケーションは、ブラウザ、Windows OS、Android OS、Microsoft Officeとなっており、2016年には69.8%のユーザが、これらのアプリケーションのいずれかを悪用するエクスプロイトに少なくとも1回遭遇している。

なお、エクスプロイトを利用した攻撃の数が増加し、攻撃を受けた法人製品ユーザの数も増加した一方で、2016年にエクスプロイト攻撃を受けた個人ユーザの数は、前年の540万人から430万人へと20%以上も減少した。同社ではこの原因について、「Neutrino」や「Angler」といった大規模で利用頻度も高かったいくつかのエクスプロイトキットがアンダーグラウンドマーケットから姿を消したことで、多くのサイバー犯罪集団がマルウェアを拡散する能力を失ったとみている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

    「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

  2. 標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

    標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

  3. 政治的な破壊的攻撃、1/131通が悪意のメール、ランサム266%増加--脅威レポート(シマンテック)

    政治的な破壊的攻撃、1/131通が悪意のメール、ランサム266%増加--脅威レポート(シマンテック)

  4. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  5. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  6. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  7. Apache Struts2などの情報収集と脆弱性対応が重要--JVN登録状況(IPA)

  8. 過去1年で1割近くの企業がランサムウェア被害を経験--実態調査(IDC Japan)

  9. 情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は1千億円に迫る(ミック経済研究所)

  10. セキュリティ投資は大幅に増加するも、効果的な投資は行われていない日本(Thales e-Security)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×