MUFGカード騙るフィッシングメール、新たなリンク先を確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

MUFGカード騙るフィッシングメール、新たなリンク先を確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、MUFGカードを騙るフィッシングについて、更新情報を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシング対策協議会は5月15日、MUFGカードを騙るフィッシングについて、更新情報を発表した。新たなリンク先が確認されている。確認されたメールは「【重要:必ずお読みください】」という件名で、Webサービスに第三者によるアクセスを確認したため、登録IDを暫定的に変更したとして、IDの再変更のために本文内のリンクをクリックさせようとする。新たに確認されたフィッシングサイトのURLは以下の通り。

http://www.●●●●.loan/selected/id
http://www.●●●●.top/selected/id
http://www.●●●●.store/selected/id
http://www.●●●●.red/selected/id
http://www.●●●●.bid/selected/id
http://www.●●●●.trade/selected/id
http://www.●●●●.space/selected/id

同協議会では、5月15日13時30分の時点でフィッシングサイトの停止を確認している。しかし、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるとして注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてクレジットカード情報(カード番号、カード有効期限、セキュリティコードなど)、個人情報(お名前、生年月日、電話番号、カード利用代金お支払口座番号など)、アカウント情報(WEBサービスID、WEBサービスパスワードなど)、E-mailアドレスなどを絶対に入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×