DDoS攻撃用ツールを開発した英国在住のAdam Mudd被告が懲役2年の実刑判決に | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

DDoS攻撃用ツールを開発した英国在住のAdam Mudd被告が懲役2年の実刑判決に

DDoS攻撃用ツールを開発していた英国在住の20代の青年Adam Mudd被告が、懲役2年の実刑判決を受けたと海外メディアより報じられています。

国際 海外情報
DDoS攻撃用ツールを開発していた英国在住の20代の青年Adam Mudd被告が、懲役2年の実刑判決を受けたと海外メディアより報じられています。

英メディアThe Guardianによれば、Mudd被告はMicrosoft、ソニー、『Minecraft』、『RuneScape』を始めとしたゲーム関連Webサイトのほか、チャットツール「TeamSpeak」の攻撃に170万回以上にわたって利用されてきた「Titanium Stressor」と呼ばれるDDoS攻撃用ツールを開発していたとのこと。彼は攻撃用ツールを販売して49万5,000ドル超ほどの利益を稼いでいたと見られています。

また、Mudd被告は「Titanium Stressor」を稼働させていたことに加え、個人による594回のDDoS攻撃、マネーロンダリングを行っていたと報じられています。

ソニーやMS攻撃した青年ハッカーに実刑判決―DDoSツール制作者

《subimago》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×