「セキュリティ ファブリック」をクラウド領域まで拡大(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

「セキュリティ ファブリック」をクラウド領域まで拡大(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、日本国内においてパブリッククラウド向けのセキュリティソリューションの本格提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社は4月19日、日本国内においてパブリッククラウド向けのセキュリティソリューションの本格提供を開始したと発表した。これは、同社が提唱する「セキュリティ ファブリック」をクラウド領域まで拡大するというもの。セキュリティ ファブリックは、分散型のセキュリティを統合、協調、適応させるアーキテクチャ。

同社では、接続を保護するソフトウェア、コンテンツを保護するセキュリティプロセッサを経て、現在は境界が崩れた環境を保護するファブリック インフラストラクチャが必要であるとし、その要件に「幅広いこと」「強力であること」「自動化が可能であること」を挙げている。

そこで今回、「FortiGate VM」「FortiWeb VM」「FortiMail VM」「FortiManager VM」「FortiAnalyzer VM」をAmazon AWSおよびMicrosoft Azureに対応させた。図研ネットウエイブ株式会社がAWS向けソリューション、株式会社ネットワールドがAzure向けソリューションのライセンス販売とサポート提供を行う予定だという。

また将来的には、従業員のクラウドサービス利用を監視する「CASB(Cloud Access Security Broker)」機能をAPIで提供する予定だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×