サイバー犯罪者は、乗っ取ったIoTデバイスで「自分専用の軍隊」を組織(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity
2022.01.24(月)

サイバー犯罪者は、乗っ取ったIoTデバイスで「自分専用の軍隊」を組織(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、2016年第4四半期を対象としたグローバル脅威レポートの調査結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
フォーティネットジャパン株式会社は4月20日、2016年第4四半期を対象としたグローバル脅威レポートの調査結果を発表した。ハイライトとして、「インフラのトレンドと脅威との関係性」「デジタル地下組織によって操られたArmy of Things(モノの軍隊)」「自動化された大規模攻撃のまん延」「今後も続くランサムウェアの脅威」「急増するエクスプロイト - 古くて新しい脅威」の5つを挙げている。

特にIoTデバイスはサイバー犯罪者の攻撃ツールと化しており、攻撃者は乗っ取ったIoTデバイスによる「自分専用の軍隊」を組織しているという。また、Miraiのソースコードが公開された結果、ボットネットの活動はわずか1週間で25倍に急増し、2016年の終わりには125倍に増加した。IoT関連のエクスプロイト活用では、上位を家庭用ルータやプリンタのスキャンが占めているが、DVRやNVRが短期間で6倍に急増し、ルータを上回った時期もあったという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×