製品がブロックした詐欺サイトへのアクセスは1億5千万件、約半数が金融関連(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

製品がブロックした詐欺サイトへのアクセスは1億5千万件、約半数が金融関連(カスペルスキー)

カスペルスキーは、同社Kaspersky Labが行った金融関連のサイバー脅威の動向分析について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社カスペルスキーは4月13日、2016年の金融関連のサイバー脅威に関する同社のレポート「金融に対するサイバー脅威の状況:2016年」において、同社Kaspersky Labが行った金融関連のサイバー脅威の動向分析について発表した。

Kaspersky Labのアンチフィッシング技術は2016年、Windowsマシンからさまざまな種類のフィッシングページへのアクセスを約1億5,500万件検知し、ブロックしたという。アクセスを試みたフィッシングページのうち、47.48%が金融関連で、前年から13.14%増加した。内訳は、オンラインバンキングに関連がもっとも多く25.76%を占めた。前年から8.31%の増加となっている。決済システムは11.55%で同3.75%の増加、オンラインショッピングは10.17%で同1.09%の増加となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×