人気が高いほど抱える脆弱性は増えるが、大ヒットアプリは逆に少ない(SDNA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.07.21(金)

人気が高いほど抱える脆弱性は増えるが、大ヒットアプリは逆に少ない(SDNA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(SDNA)は4月10日、「Androidアプリ脆弱性調査レポート 2017年4月版」を公開した。本レポートは、市場に流通しているAndroidスマートフォンアプリケーション(apkファイル)から、「脆弱性のあるアプリ」の動向について分析した結果をまとめたもの。

これによると、「ひとつでも脆弱性リスクが存在するアプリ」が全体の中で占める割合は、2013年の調査では96%、2015年は93%と減少傾向だったが、今回の調査では95%と増加傾向へと転じている。人気別で見ると、ダウンロード数が多く人気があるアプリほど機能が豊富なため、脆弱性リスクも高くなる。しかし、ある一定のダウンロード数(5000万~1億)を超えると、一転して脆弱性の数が少なくなっている。これは、ヒットアプリの多くは豊富な資金や高い開発力を持つベンダーによって開発されているためと推測している。

コンポーネントで見ると、「Activity」「Content Provider」といったコンポーネントにアクセス制御不備があるアプリは減っているものの、「Broadcast Receiver」と「Service」にアクセス制御不備が見られるアプリは逆に増えている。通信で見ると、インターネット通信を使用するアプリの割合は96%に増加し、このうち暗号通信(HTTPS)を行うアプリの割合は94%に増加している。一方で、脆弱な暗号技術を使うアプリは全体の64%を占めた。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 日本に精通した標的型攻撃「BRONZE BUTLER」の詳細レポートを公開(SecureWorks)

    日本に精通した標的型攻撃「BRONZE BUTLER」の詳細レポートを公開(SecureWorks)

  2. マルウェアが検知回避に利用する23種類の闇ツールの料金や条件などを紹介(マカフィー)

    マルウェアが検知回避に利用する23種類の闇ツールの料金や条件などを紹介(マカフィー)

  3. ランサムウェア実被害は22%、セキュリティ投資は1千万以上が4割--実態調査(KPMGコンサルティング)

    ランサムウェア実被害は22%、セキュリティ投資は1千万以上が4割--実態調査(KPMGコンサルティング)

  4. 日本のインターネットリスクの高さは183中155位、ただし危険なサーバは多数(Rapid7)

  5. 重要なインシデントにつながる脆弱性に対する早期対策を呼びかけ(ラック)

  6. HTTPS移行とクラウドアプリ利用の増加で、脅威やデータの可視性が低下(フォーティネットジャパン)

  7. 「セキュリティ」が前年に引き続き最優先のIT投資領域に(IDC Japan)

  8. ログ分析で今すぐ始めるセキュリティ運用 ~ ログ分析の基本の「き」

  9. 漏えいデータで暗号化されていたのは8%、半数以上は機密データの場所も知らず(ジェムアルト)

  10. データ漏えい時に発生したコストがグローバルで10%減少、米国などは増加(日本IBM)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×