システム操作監視アプリを、認定資格取得によりサービスとともに展開(ジャパンシステム、ボスコ・テクノロジーズ) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

システム操作監視アプリを、認定資格取得によりサービスとともに展開(ジャパンシステム、ボスコ・テクノロジーズ)

ジャパンシステムは、ボスコ・テクノロジーズのシステム操作監視アプリケーション「SMART Gateway」の提供を本格的に開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ジャパンシステム株式会社は4月7日、株式会社ボスコ・テクノロジーズのシステム操作監視アプリケーション「SMART Gateway(スマートゲートウェイ)」の提供を本格的に開始すると発表した。また、「SMART GATEWAY MASTER」の第一号の認定資格をジャパンシステムが取得し、情報セキュリティサービスメニューを強化した。金融機関や自治体、企業をターゲットに情報セキュリティビジネスを強化するとしている。

SMART Gatewayは、情報漏えいやオペレーションミスを予防・防止するとともに、リアルタイムに情報漏えいの兆候などを監視し、不正操作を検知すると即座に通信を自動遮断する。また「機器やOSに依存ぜずにコマンド制御が可能」「不正操作のリアルタイム検知」「インシデントの調査・報告をサポート」「Windows サーバとクライアントの監視にも対応」「特権ID管理と適切な運用」といった特徴を持つ。

特に不正操作のリアルタイム検知は、独自の技術によりコマンド操作を常に監視することで、データを複数回コピーするなどの操作をリアルタイムに検知する。これにより、不審な情報漏えい操作に対して、即座に予防策を自動的に実行、被害を未然に防ぐ。また、情報漏えいなどのインシデントが発生した場合でも、管理画面から高度な分析が簡単に行える。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×