ナショナルサイバートレーニングセンター設置、CYDERの拡充や人材育成を実施(NICT) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

ナショナルサイバートレーニングセンター設置、CYDERの拡充や人材育成を実施(NICT)

NICTは、実践的なサイバートレーニングを企画・推進する組織として「ナショナルサイバートレーニングセンター」を4月1日付けで設置したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は4月3日、実践的なサイバートレーニングを企画・推進する組織として「ナショナルサイバートレーニングセンター」を4月1日付けで設置したと発表した。 これを受け、若手セキュリティエンジニアの育成を目的とした新規プログラム「SecHack365(セックハック サンロクゴ)」の受講生の募集を4月3日より開始した。

同センターでは、NICTが開発・実施している実践的なサイバー防御演習「CYDER」の開催規模を大幅に拡充(47都道府県で100回3,000人実施予定)するほか、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の適切な運営に向け、大会開催時を想定した模擬環境下で行う実践的なサイバー演習「サイバー・コロッセオ」を実施する(予定)。

さらに、若手セキュリティエンジニアの育成を目的に、NICTが若年層のICT人材を対象に、セキュリティの技術開発を本格的に指導する新規プログラム「SecHack365」を創設した。このプログラムでは、高等専門学校、大学等と連携しつつ、25歳以下の学生や若手社会人から公募を通じて40名程度を選抜し、1年をかけてセキュリティ技術の研究開発を指導することで、ハイレベルな人材を養成する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×