「産業サイバーセキュリティセンター」発足、人材・システムなど生み出す(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

「産業サイバーセキュリティセンター」発足、人材・システムなど生み出す(IPA)

IPAは、「産業サイバーセキュリティセンター」を4月1日に発足すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月31日、「産業サイバーセキュリティセンター」を4月1日に発足すると発表した。これは近年、海外において他の国家などからなされるサイバー攻撃により、重要インフラ・産業基盤の安全が脅かされる事案が発生していることから、日本の経済・社会を支える重要インフラや産業基盤のサイバー攻撃に対する防御力を抜本的に強化することを目的としたもの。

産業サイバーセキュリティセンターでは、「人材育成事業」「実際の制御システムの安全性・信頼性検証事業」「攻撃情報の調査・分析事業」の3つを基本事業とする。人材育成事業においては、「中核人材育成プログラム(仮称)」と「短期プログラム」の2つのプログラムを提供。模擬プラントを用いた演習や、攻撃防御の実践経験、最新のサイバー攻撃情報の調査・分析等を通じて、社会インフラ・産業基盤へのサイバーセキュリティリスクに対応する人材・組織・システム・技術を生み出していくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×