「産業サイバーセキュリティセンター」発足、人材・システムなど生み出す(IPA) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

「産業サイバーセキュリティセンター」発足、人材・システムなど生み出す(IPA)

IPAは、「産業サイバーセキュリティセンター」を4月1日に発足すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月31日、「産業サイバーセキュリティセンター」を4月1日に発足すると発表した。これは近年、海外において他の国家などからなされるサイバー攻撃により、重要インフラ・産業基盤の安全が脅かされる事案が発生していることから、日本の経済・社会を支える重要インフラや産業基盤のサイバー攻撃に対する防御力を抜本的に強化することを目的としたもの。

産業サイバーセキュリティセンターでは、「人材育成事業」「実際の制御システムの安全性・信頼性検証事業」「攻撃情報の調査・分析事業」の3つを基本事業とする。人材育成事業においては、「中核人材育成プログラム(仮称)」と「短期プログラム」の2つのプログラムを提供。模擬プラントを用いた演習や、攻撃防御の実践経験、最新のサイバー攻撃情報の調査・分析等を通じて、社会インフラ・産業基盤へのサイバーセキュリティリスクに対応する人材・組織・システム・技術を生み出していくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×