クローズドな環境からUSBストレージを介してデータを窃取する手法を確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

クローズドな環境からUSBストレージを介してデータを窃取する手法を確認(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「USBストレージに保存されたデータを窃取するサイバー攻撃に関する注意喚起」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月30日、「USBストレージに保存されたデータを窃取するサイバー攻撃に関する注意喚起」を発表した。これはJPCERT/CCに報告があったもので、重要なデータをクローズドな環境で管理していても、USBストレージを介してデータの窃取が可能となる。

この手法は、あらかじめ端末を何らかの方法でマルウェアに感染させると、その端末に接続したUSBストレージにあるファイルの一覧を自動的に生成する。生成されたファイルの一覧から必要なファイルのリストを作成すると、それらのファイルで圧縮ファイルを作成する。攻撃者は感染させた端末や別の端末から圧縮ファイルを細分化して外部へ送信する。

報告された例では、「C:\intel\logs」や「C:\Windows\system32」フォルダの配下に、次のようなファイルが設置される。

・正規の実行ファイルに類似した名前の実行ファイル
intelUPD.exe, intelu.exe, IgfxService.exe
・生成されたファイルリスト
interad.log, slog.log
・窃取のために圧縮されたファイル
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×