セキュリティ成功の方程式を解くために、パートナーや他社製品と連携を強化(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

セキュリティ成功の方程式を解くために、パートナーや他社製品と連携を強化(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は3月29日、2017年の法人向け事業戦略を発表した。同社代表取締役社長 兼 CEOであるエバ・チェン氏は、「進化するIT環境と脅威に立ち向かうXGenセキュリティ」と題する発表を行った。エバ氏はドイツで開催された「CeBIT」に参加したことを紹介し、「二十数年前は大きなPCを背負ってCeBITに行ったが、そのPCのメモリは1MBだった。現在のCeBITはIoTが活況で、はるかに小さいコンピュータがあらゆるところにある」と話した。

また、急速な変化として「ITインフラの移行」「ユーザ行動の変化」「新たな脅威の出現」の3つを挙げ、特に脅威では「ビジネスメール詐欺(BEC)」の攻撃が増加しており、その平均被害額は14万米ドルに達するとした。こうした脅威に対抗していくセキュリティシステムには「スレットディフェンス」「セキュリティマネジメント」「ポリシーエンフォースメント」が重要であるとし、これらは企業規模が小さいほど重なり合い、大きいほど独立する。そしてトレンドマイクロは企業規模に最適なソリューションがあるとした。

エバ氏は急激な変化の中でセキュリティ対策を成功させる“方程式”として、解となるxは、「ITインフラの移行にいち早く備える」ことに「ユーザ行動の変化を受け入れる」ことを加え、「新たな脅威に対応して守る」ことで脅威を減らす。つまり「x=I+U-T」であるとした。このアプローチを「クロスジェネレーション」(XGen)と名付けている。そのためにトレンドマイクロは機械学習に注目、人間の視点と専門家のルールの視点に機械学習の視点を加えることで、脅威を検知できるとし、これはハイブリッドクラウド環境にも不可欠な組み合わせであるとした。

同社の取締役副社長である大三川彰彦氏は、「日本市場での法人向けビジネス戦略」として、「XGenとマネージドセキュリティサービス(MSS)パートナーとの協業により、幅広い顧客環境に最適なセキュリティを展開する」と述べた。そして、クラウド&仮想化セキュリティ、ネットワークの防御、ユーザ保護の3つの観点で戦略を説明した。具体的には、「Trend Micro Deep Security 10」および「Tipping Point」にAI技術を搭載するほか、サンドボックス連携、パートナーや他社製品との連携の強化などを挙げ、ロードマップを示した。このほか、IoTセキュリティについても詳しく言及した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  6. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  7. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×