クラウド型の次世代ファイアウォールが新たにGoogle Cloud Platformに対応(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2020.10.24(土)

クラウド型の次世代ファイアウォールが新たにGoogle Cloud Platformに対応(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、Googleクラウド・テクノロジー・パートナー・プログラムへの参加と、Google Cloud Platformに特化した「Check Point vSEC for Google Cloud Platform」の提供開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は3月15日、Googleクラウド・テクノロジー・パートナー・プログラムへの参加と、Google Cloud Platformに特化した「Check Point vSEC for Google Cloud Platform」の提供開始を発表した。同製品は、多層防御セキュリティを拡張する次世代ファイアウォール製品で、今回新たにGoogle Cloud Platformに対応した。

Googleのクラウド・マーケットプレイスで提供されるため、ワンクリックでの導入、プロビジョニングが可能。オンデマンドでの導入と時間単位の従量課金(PAYG)モデルのライセンス方式により、クラウド・デプロイメントのTCOを削減するとしている。また、単一のコンソールから、クラウドインフラ全体にわたる一貫したポリシー管理と可視性を確保でき、一元的なセキュリティ管理をプライベートクラウドやオンプレミス環境にも適用できる。ログの作成やレポート機能も搭載する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×