クラウド型の次世代ファイアウォールが新たにGoogle Cloud Platformに対応(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

クラウド型の次世代ファイアウォールが新たにGoogle Cloud Platformに対応(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、Googleクラウド・テクノロジー・パートナー・プログラムへの参加と、Google Cloud Platformに特化した「Check Point vSEC for Google Cloud Platform」の提供開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は3月15日、Googleクラウド・テクノロジー・パートナー・プログラムへの参加と、Google Cloud Platformに特化した「Check Point vSEC for Google Cloud Platform」の提供開始を発表した。同製品は、多層防御セキュリティを拡張する次世代ファイアウォール製品で、今回新たにGoogle Cloud Platformに対応した。

Googleのクラウド・マーケットプレイスで提供されるため、ワンクリックでの導入、プロビジョニングが可能。オンデマンドでの導入と時間単位の従量課金(PAYG)モデルのライセンス方式により、クラウド・デプロイメントのTCOを削減するとしている。また、単一のコンソールから、クラウドインフラ全体にわたる一貫したポリシー管理と可視性を確保でき、一元的なセキュリティ管理をプライベートクラウドやオンプレミス環境にも適用できる。ログの作成やレポート機能も搭載する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×