月例セキュリティ情報、「緊急」9件を含む18件を公開(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

月例セキュリティ情報、「緊急」9件を含む18件を公開(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2017年3月のセキュリティ情報を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は3月15日、2017年3月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は18件で、このうち最大深刻度「緊急」は9件、「重要」は9件となっている。なお今月より、セキュリティのみの更新プログラム(ロールアップ)にInternet Explorer用の更新プログラムが含まれなくなり、個別の更新プログラムとして提供されるようになった。今回発表された内容は以下の通り。

「緊急」
MS17-006:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(4013073)要再起動
MS17-007:Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(4013071)要再起動
MS17-008:Windows Hyper-V 用のセキュリティ更新プログラム(4013082)要再起動
MS17-009:Microsoft Windows PDF ライブラリ用のセキュリティ更新プログラム(4010319)要再起動
MS17-010:Microsoft Windows SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム(4013389)要再起動
MS17-011:Microsoft Uniscribe 用のセキュリティ更新プログラム(4013076)要再起動
MS17-012:Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム(4013078)要再起動
MS17-013:Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム(4013075)要再起動
MS17-023:Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム(4014329)要再起動

「重要」
MS17-014:Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム(4013241)再起動が必要な場合あり
MS17-015:Microsoft Exchange Server 用のセキュリティ更新プログラム(4013242)要再起動
MS17-016:Windows IIS 用のセキュリティ更新プログラム(4013074)要再起動
MS17-017:Windows カーネル用のセキュリティ更新プログラム(4013081)要再起動
MS17-018:Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム(4013083)要再起動
MS17-019:Active Directory フェデレーション サービス用のセキュリティ更新プログラム(4010320)要再起動
MS17-020:Windows DVD メーカー用のセキュリティ更新プログラム(3208223)要再起動
MS17-021:Windows DirectShow 用のセキュリティ更新プログラム(4010318)要再起動
MS17-022:Microsoft XML Core Services 用のセキュリティ更新プログラム(4010321)要再起動
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×