Linux システムの ntfs-3g において scrub の不備により管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

Linux システムの ntfs-3g において scrub の不備により管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

◆概要
Linux 系システム及び Unix 系システムで、NTFS ファイルシステムを利用するためのソフトウェアである ntfs-3g に、端末内部にて管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。当該脆弱性の影響を受けるソフトウェアパッケージを提供している OS ベンダから、脆弱性に対策されたソフトウェアパッケージが公開されています。ソフトウェアのアップデートにより対策してください。
----------------------------------------------------------------------
◆分析者コメント
当該脆弱性による被害の報道は確認していませんが、対象ホストへの感染に成功したマルウェアや、侵入に成功した攻撃者が、当該脆弱性の悪用による権限昇格を試みる可能性が考えられます。当該脆弱性の影響を受ける OS のディストリビューションでは、ntfs-3g がデフォルトでインストールされている可能性が高いため、該当する OS の利用者はソフトウェアパッケージのバージョンを調査し、アップデートすることにより対策してください。
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×