Windowsに感染しLinuxベースのIoTデバイスにMiraiを配信するマルウェア(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

Windowsに感染しLinuxベースのIoTデバイスにMiraiを配信するマルウェア(カスペルスキー)

Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)のセキュリティリサーチャーは、Miraiマルウェアの拡散を目的としWindows環境下で動作するマルウェアを解析していると発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社カスペルスキーは2月24日、Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)のセキュリティリサーチャーが、Miraiマルウェアの拡散を目的としWindows環境下で動作するマルウェアを解析していると発表した。これは、GReATがMiraiボットネット閉鎖に向けたCERT、ホスティングプロバイダなどとの取り組みの中で発見したもの。

総当たり攻撃でTelnet接続ができた場合に、感染したWindowsプラットフォームから脆弱なLinuxベースのIoTデバイスにMiraiマルウェアを配信するという、動作は限定的であるものの、経験豊富な開発者により作成されているとみられ、Miraiをベースとした攻撃の今後の利用と標的に関して、憂慮すべき可能性があるとしている。同社の調査では、2017年だけで約500システムへの攻撃を確認している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×