中国の検閲システム「グレートファイアウォール」が未認可のVPNの規制強化(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

中国の検閲システム「グレートファイアウォール」が未認可のVPNの規制強化(The Register)

中国がVPN市場の規制強化に乗り出したのは今回が初めてではない。2015年にも同様の規制強化が発表されたが、成果は限られていた。しかし、今回の発表では正式な行政措置が定められていることから、政府はより本腰で取り組んでいるとみられる。

国際 TheRegister
中国政府は、VPNプロバイダが業務を継続するためには必ず政府の認可を必要とすることと定め、これに関する取り締まりを今後18か月にわたって強化する。

中国の工業情報化部は、政府が設定したネット検閲システムを回避するサービスの市場で規制強化が必要であると発表した。

さらに、VPNやクラウドコンピューティングの市場は「無秩序に開発が行われており」、「規制のための基準を設定する必要があった」と主張し、「健全で秩序だった開発を促進するため」、グレートファイアウォールを回避するサービスは全て政府の認可を必要とすることを決定したということだ。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×