過去1年間にサイバー攻撃を受けたECサイトは約半数、約75%で実害が発生(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

過去1年間にサイバー攻撃を受けたECサイトは約半数、約75%で実害が発生(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
トレンドマイクロ株式会社は2月1日、「企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016」の結果を発表した。同調査は2016年12月27日から12月28日、企業・組織におけるECサイトの構築・運用・セキュリティの実務担当者619名を対象に実施したインターネット調査。調査結果によると、回答者の49.1%が「自社が展開しているECサイトに対して、過去1年以内にサイバー攻撃を受けたことがある」と答えた。その手法は「DDoS攻撃」が24.1%でもっとも多かったが、OS(23.6%)、ミドルウェア(18.6%)、Webアプリケーション(12.9%)の脆弱性を狙う攻撃も多かった。

サイバー攻撃を受けた結果、実害につながったのは74.7%であり、具体的には「顧客のログイン情報(IDとPW)の漏えい」(42.7%)、「顧客の個人情報(住所、メールアドレス、電話番号など)の漏えい」(40.5%)、「顧客のクレジットカード情報(カード番号、カード名義、有効期限など)の漏えい」(28.6%)などの被害を受けている。また、実害があったとする回答者に総被害金額を聞いたところ、もっとも多かったのは「100万円未満」(22.5%)であったが、1,000万円以上を合計すると32.9%を占めた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×