アカマイとの連携強化により、JSOCを統合したMSSを提供へ(ラック) | ScanNetSecurity
2022.12.05(月)

アカマイとの連携強化により、JSOCを統合したMSSを提供へ(ラック)

ラックは、アカマイ・テクノロジーズとの戦略的パートナー契約を締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは1月26日、アカマイ・テクノロジーズ合同会社との戦略的パートナー契約を締結したと発表した。これは、増加するWebサイトへのサイバー攻撃の脅威に対応するためのもので、日本企業で初めてアカマイのWebセキュリティソリューションと自社のセキュリティ監視センター(JSOC)を統合したマネージドセキュリティサービス(MSS)を提供する予定。ラックは、アカマイからこの認証を受ける日本初の企業になる。

ラックでは、DDoS攻撃の件数や規模の増大を予見し、2013年3月にアカマイとの協業を開始、アカマイのソリューションの拡販に取り組んでいる。今回、ラックが提供する緊急対応サービス「サイバー119」におけるWebサイトの被害相談が増加していることを受け、アカマイとの連携をさらに強化することとなったという。新たに提供するMSSは、アカマイによって認定されたJSOCのエンジニアによって提供され、ラックのネットワーク監視サービスに追加される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×