日本版「STOP. THINK. CONNECT.」が改ざん被害、閉鎖はせず原因調査中(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

日本版「STOP. THINK. CONNECT.」が改ざん被害、閉鎖はせず原因調査中(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、日本版「STOP. THINK. CONNECT.」Webサイトが改ざんされたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
フィッシング対策協議会は1月15日、日本版「STOP. THINK. CONNECT.」Webサイトが改ざんされたと発表した。第三者からの不正アクセスによるもので、協議会では同サイトを同日13時より調査しており、閉鎖はしていない。

「STOP. THINK. CONNECT.」は、米国 APWG(Anti-Phishing Working Group)とNCSA(National Cyber Security Alliance)が共同で行っているインターネットを安全に使うための消費者向けセキュリティ普及啓発キャンペーン。インターネットやWebサイトにアクセスする前に「ちょっと立ち止まって、(たとえば、そのWebサイトにアクセスすることで)何が起こるか考える」意識を持つよう呼びかけるメッセージとなっている。

協議会ではサイトの改ざん原因について、管理を行っている米国「STOP. THINK. CONNECT.」と共同で調査中であり、同サイトへのすべてのアクセスを一時的に停止するよう、システムの設定変更を行ったという。また、新たな情報が得られ次第、情報を追加していくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×