日本版「STOP. THINK. CONNECT.」が改ざん被害、閉鎖はせず原因調査中(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.23(金)

日本版「STOP. THINK. CONNECT.」が改ざん被害、閉鎖はせず原因調査中(フィッシング対策協議会)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

フィッシング対策協議会は1月15日、日本版「STOP. THINK. CONNECT.」Webサイトが改ざんされたと発表した。第三者からの不正アクセスによるもので、協議会では同サイトを同日13時より調査しており、閉鎖はしていない。

「STOP. THINK. CONNECT.」は、米国 APWG(Anti-Phishing Working Group)とNCSA(National Cyber Security Alliance)が共同で行っているインターネットを安全に使うための消費者向けセキュリティ普及啓発キャンペーン。インターネットやWebサイトにアクセスする前に「ちょっと立ち止まって、(たとえば、そのWebサイトにアクセスすることで)何が起こるか考える」意識を持つよう呼びかけるメッセージとなっている。

協議会ではサイトの改ざん原因について、管理を行っている米国「STOP. THINK. CONNECT.」と共同で調査中であり、同サイトへのすべてのアクセスを一時的に停止するよう、システムの設定変更を行ったという。また、新たな情報が得られ次第、情報を追加していくとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

    SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

  2. Apache Struts2 の脆弱性を利用した不正アクセスでアンケート情報流出の可能性(国土交通省)

    Apache Struts2 の脆弱性を利用した不正アクセスでアンケート情報流出の可能性(国土交通省)

  3. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

    「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  4. 都税クレジットカード支払サイトで不正アクセス、カード情報が流出(GMOペイメントゲートウェイ)

  5. ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

  6. 建造物侵入・現金窃盗事件で逮捕された元行員が顧客情報を持ち出し(佐賀銀行)

  7. JINS オンラインショップに不正アクセス、118万件の個人情報が流出の可能性(ジェイアイエヌ)

  8. B.LEAGUEサイトへの不正アクセスでカード情報32,000件の流出可能性、委託先管理不充分(ぴあ)

  9. Apache Struts2の脆弱性を利用した不正アクセスで約2.3万人の登録情報が流出(総務省)

  10. 「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×