ワッセナー・アレンジメントに関する交渉決裂、exploit の輸出問題は未解決~多少の進展あれど歩みは遅く (The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

ワッセナー・アレンジメントに関する交渉決裂、exploit の輸出問題は未解決~多少の進展あれど歩みは遅く (The Register)

共同で交渉にあたったケイティ・ムスリ氏は、Microsoft社にバグ・バウンティ制度を開始するよう促し、現在Luta Security社を経営する女性だが、この状況を「ガッカリだ」と表現し、アメリカの次期政権が取り組むべき問題になったと述べた。

国際 TheRegister
アメリカの交渉担当者とその他の40か国とのあいだで行われたエクスプロイト輸出の状況に関する交渉が決裂したことで、セキュリティ研究者たちは消え去らない不安に直面している。

この交渉が関係するのは、軍縮協定であるワッセナー・アレンジメント。この協定では、参加国がある種の兵器や「軍民両用製品」の輸出を制限することで合意している。従来、この協定が対象とするのは通常兵器のみだったのだが、2013年12月に新たな文言が追加された。サイバー戦争で使用される可能性のあるソフトウェア・ツール、とりわけ、脆弱性のあるプログラムやサーバーに対してエクスプロイト攻撃を実行するコードの輸出を禁止したものだ。

不幸なことに、ITセキュリティの専門家が日常的に使用するソフトウェアもこの修正されたルール上では兵器として分類されかねないのだ。ネットワークに関するあらゆるテストやセキュリティの確保にとって重要なステップは、そのネットワークに攻撃を加えてセキュリティホールがどこにあるのかを見つけることだ。そしてそのためにはエクスプロイトコードを使う必要がある。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×