ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

ACCSは、ビジネスソフトの海賊版を販売・所持し著作権法違反で逮捕された男性に対し、有罪判決が確定したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は12月22日、ビジネスソフトの海賊版を販売・所持し著作権法違反で逮捕された男性に対し、有罪判決が確定したと発表した。会員からの報告だという。

男性は、海外で極めて精巧な海賊版を製造し、国内に輸入した後、ショッピングサイトを通じて、少なくとも2013年4月から2015年11月までの間、約1万4,000枚の海賊版を販売、約1億2,000万円を売り上げていたことが判明している。

判決は、懲役3年(執行猶予5年)、罰金300万円、現金1,600万円および預金債権計580万8,286円、DVD1,030枚をそれぞれ没収、2,245万円を追徴という非常に重い量刑となった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×