URLフィルタリングAPIをAWS Marketplaceで提供(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2020.10.01(木)

URLフィルタリングAPIをAWS Marketplaceで提供(エフセキュア)

エフセキュアは、Amazon API Gateway上で動作する新しいURLチェックAPI「F-Secure Security Cloud API for AWS」を、AWS Marketplaceで提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は12月20日、Amazon API Gateway上で動作する新しいURLチェックAPI「F-Secure Security Cloud API for AWS」を、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWS Marketplaceで提供を開始したと発表した。同APIは、Amazon API Gateway上で実行され、クラウド内の悪意のあるコンテンツのURLをサービスのパフォーマンスを損なうことなくチェックし、コンテンツタイプ別に分類するもの。

ブロックしたURLはログに記録し、フラグを付けることができる。また、不審なコンテンツ(ヘイト、アダルトなど)にはフラグが付けられる。このアプローチは、リンクや共有機能を備えたあらゆるクラウドサービスのセキュリティを強化するとともに、クラウドサービスがマルウェアや不要なコンテンツを広めることを防ぎ、IT管理者は脅威を調査して対応することができる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×