URLフィルタリングAPIをAWS Marketplaceで提供(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

URLフィルタリングAPIをAWS Marketplaceで提供(エフセキュア)

エフセキュアは、Amazon API Gateway上で動作する新しいURLチェックAPI「F-Secure Security Cloud API for AWS」を、AWS Marketplaceで提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は12月20日、Amazon API Gateway上で動作する新しいURLチェックAPI「F-Secure Security Cloud API for AWS」を、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWS Marketplaceで提供を開始したと発表した。同APIは、Amazon API Gateway上で実行され、クラウド内の悪意のあるコンテンツのURLをサービスのパフォーマンスを損なうことなくチェックし、コンテンツタイプ別に分類するもの。

ブロックしたURLはログに記録し、フラグを付けることができる。また、不審なコンテンツ(ヘイト、アダルトなど)にはフラグが付けられる。このアプローチは、リンクや共有機能を備えたあらゆるクラウドサービスのセキュリティを強化するとともに、クラウドサービスがマルウェアや不要なコンテンツを広めることを防ぎ、IT管理者は脅威を調査して対応することができる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×