「Apple」を騙るフィッシングを確認、アカウントをロックするという内容(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2020.08.07(金)

「Apple」を騙るフィッシングを確認、アカウントをロックするという内容(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、Appleを騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシング対策協議会は12月1日、Appleを騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。メールの件名は複数のパターンが確認されており、アカウント情報が一部誤っているとしてログインを促す内容となっている。また、24時間以内に応答しないとアカウントがロックされると記載されている。確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

https://secure-account.appleid-apple.info-user.co.jp.●●●●.info/ランダムな文字列
https://d17oy1vhnax1f7.●●●●.net/items/ランダムな文字列/AppIe-lD(●●●●).info_rmation.html
https://secure3.store.apple.com.b9cfe.●●●●.info/sign_in/
http://appleid.apple.co.jp.data.verification.status.●●●●.info/
http://appleid.apple.co.jp.verify.id.xse.●●●●.info/
http://scurty.accont-i-cl0ud.informati.●●●●.com/clients/

同協議会によると、12月1日9時30分の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続き注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてアカウント情報(Apple ID、パスワード)、請求先情報(ファーストネーム、苗字、住所、国、シティ、県、郵便番号、電話番号)、クレジットカード情報(カード番号、名前、CVV、有効期限、カードユーザID、カードのパスワード、生年月日)等を絶対に入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×