最大623GbpsのDDoS攻撃を記録、手法はIoTボットネット(アカマイ) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

最大623GbpsのDDoS攻撃を記録、手法はIoTボットネット(アカマイ)

アカマイは、2016年第3四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は11月18日、2016年第3四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。レポートによると、アカマイは同四半期に4,556件(前四半期は4,919件)のDDoS攻撃を緩和したという。前年同四半期との比較では、DDoS攻撃は71%、インフラレイヤ(レイヤ3、4)への攻撃は77%の増加となっている。

また同四半期には、100Gbpsを超えるDDoS攻撃が19件発生しており、もっとも大規模な攻撃はkrebsonsecurity.comを狙った2つの攻撃で、それぞれ623Gbpsおよび555Gbpsを記録した。これらの攻撃は、新しいトレンドとなっているIoTボットネットを使ったもので、攻撃を仕掛けたボットネットは、不正アクセスされた一連のシステムと小規模攻撃を大規模攻撃へと変えるスキルによって作成されたものであったという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×