誤ってフィッシングサイトにアクセス、学生や卒業生ら1,466人分の個人情報の漏えい(関西学院大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

誤ってフィッシングサイトにアクセス、学生や卒業生ら1,466人分の個人情報の漏えい(関西学院大学)

関西学院大学は10月7日、学生や卒業生ら1,466人分の個人情報の漏えいが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
関西学院大学は10月7日、学生や卒業生ら1,466人分の個人情報の漏えいが判明したと発表した。

これは同校の職員が、学外から発信されたメールに記載されたフィッシングサイトに誤ってアクセスした結果、IDとパスワードを盗まれ、個人情報の漏えいにつながったというもの。

同校では今後、教職員にフィッシングサイトに対する注意喚起を図るとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×