「Adobe Flash Player」のゼロデイ脆弱性に対応、すでに標的型攻撃が発生(アドビ) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

「Adobe Flash Player」のゼロデイ脆弱性に対応、すでに標的型攻撃が発生(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB16-36)を公開した。すでに脆弱性を悪用した標的型攻撃が確認されている。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
米Adobe Systems(アドビ)は10月26日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB16-36)を公開した。本アップデートに対応する製品は、Windows版およびMacintosh版の「Adobe Flash Player 23.0.0.185およびそれ以前」、Linux版の「Adobe Flash Player for Linux 11.2.202.637およびそれ以前」などとなっている。

このアップデートは、「CVE-2016-7855」の脆弱性に対応したもの。この脆弱性が悪用されると、システムを乗っ取られる可能性がある。また、すでに実環境でWindows 8.1および10のユーザを対象に、この脆弱性を悪用した標的型攻撃が確認されているという。なお、アドビでは本アップデートの優先度を3段階で最も高い「1」としてアナウンスしている(Linux版は「3」)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×