「Joomla!」に2つの重大な脆弱性、アップデートを呼びかけ(Joomla!) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「Joomla!」に2つの重大な脆弱性、アップデートを呼びかけ(Joomla!)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

Joomla!は10月26日、オープンソースのCMSである「Joomla!」の新バージョンを公開した。新バージョンの「Joomla! 3.6.4」では、2つの重大な脆弱性の修正と、二要素認証に関するバグの修正が行われている。脆弱性のひとつは、ユーザ登録のチェックが不十分なため、サイトでユーザ登録を無効にしていても登録が可能になってしまうというもの(CVE-2016-8870)。

もうひとつは、データのフィルタリングが不十分なため、ユーザがサイトに登録する際に権限を昇格されるというもの(CVE-2016-8869)。いずれの脆弱性も、Joomla! 3.4.4から3.6.3が影響を受け、今回のバージョンアップにより解消できる。Joomla!ではアップデートパッチの早急な適用を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×