DDoS攻撃の可視化マップを共同で拡張、過去と最新のデータを表示可能に(アーバーネットワークス、ジグソー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

DDoS攻撃の可視化マップを共同で拡張、過去と最新のデータを表示可能に(アーバーネットワークス、ジグソー)

アーバーネットワークスとジグソーは、地球上で今発生しているDDoS攻撃をリアルタイムで可視化する「デジタル・アタック・マップ(Digital Attack Map)」を拡張した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アーバーネットワークスとジグソーは10月25日、地球上で今発生しているDDoS攻撃をリアルタイムで可視化する「デジタル・アタック・マップ(Digital Attack Map)」を拡張したと共同で発表した。同マップは、アーバーネットワークスの「ATLAS」から提供されるデータを活用している。

ジグソーはATLASデータを利用し、現在だけでなく過去のDDoS攻撃の傾向を探究できるデータ可視化を実現。国ごとに攻撃を確認したり、日々のニュースやイベントとDDoS攻撃発生の関連性を見つけ出すことが可能となる。また今回の拡張により、システムのアーキテクチャを変更、マップに表示できる攻撃の数および量が従来より20倍に拡大したほか、リアルタイムストリーミングに移行することで常に最新のデータを表示、精度も向上したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×