外部攻撃防御型ソリューション市場、2016年度は108%増1,850億円と予測(ミック経済研究所) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

外部攻撃防御型ソリューション市場、2016年度は108%増1,850億円と予測(ミック経済研究所)

ミック経済研究所は、「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016【外部攻撃防御型ソリューション編】」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ミック経済研究所は10月17日、「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016【外部攻撃防御型ソリューション編】」を発表した。同マーケティングレポートは、主要セキュリティ製品ベンダなど69社を調査し、各社のセキュリティソフト(一部ASP・SaaSを含む)およびアプライアンスサーバの出荷金額を捉え、情報セキュリティソリューション市場として、2014年度から2016年度、および2020年度までの中期予測を含めて集計・分析を行ったもの。

今回調査した16用途別の総合計である外部攻撃防御型情報セキュリティソリューション市場は、2014年度が1,607億円、2015年度が前年対比105.7%の1,699億円、2016年度が同108.8%の1,848億円と予測している。同市場は半分以上を法人向けアンチウイルスやファイアウォール(FW)・VPNルータが占めていたが、FW・VPNルータは市場の成熟による単価下落が顕著となった。

一方、中堅・中小企業向けで脚光を浴びている「UTMアプライアンス・次世代FW」は、2015年度は前年対比124.7%の332億円、2016年度は同124.3%の412.8億円と大きく伸びている。また「Webアプリケーションファイアウォール」もWebサイトの実被害を受けた企業への導入が進み、2015年度は20%増と好調な伸びが続いているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×