QRadarのAPI公開、他社セキュリティ製品と連携が可能に(日本IBM) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

QRadarのAPI公開、他社セキュリティ製品と連携が可能に(日本IBM)

日本IBMは、「IBM Security App Exchange」について、日本のビジネスパートナーとエコシステムを構築する「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」を結成したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は10月13日、同社のセキュリティ・アナリティクス製品「IBM Security QRadar」にビジネスパートナーが自社のアプリケーションを追加して利用できるようにする取り組み「IBM Security App Exchange」について、日本のビジネスパートナーとのコラボレーションを深めエコシステムを構築する「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」を、同日結成したと発表した。

これは、IBM Security QRadarのAPIを公開することで、ビジネスパートナーが自社のアプリケーションを追加したカスタムアプリケーションとして提供するというもの。これにより、同製品の機能や適用領域が拡充され、幅広いサイバー対策をユーザに提供する。ユーザは必要なアプリケーションをダウンロードし、迅速に導入できる。パートナーによる技術支援やマーケティング活動、情報交換なども行う。

現時点での参加企業は、Carbon Black社、Cybereason社、Exabeam社、ファイア・アイ株式会社、トレンドマイクロ株式会社となっており、エムオーテックス株式会社は同システムへの参加に向けて今後アプリケーションを開発していく予定だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×