ネット検索で最もリスクの高い有名人、2016年のトップは女性お笑いタレント(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

ネット検索で最もリスクの高い有名人、2016年のトップは女性お笑いタレント(マカフィー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

マカフィー株式会社は10月5日、2016年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(Intel Security Most Dangerous Celebrities)」の結果を発表した。今年で10年目となる同調査は、俳優、コメディアン、ミュージシャン、テレビ番組の司会者、スポーツ選手など幅広い有名人のインターネット検索リスクを調査したもの。今年の調査では、コメディアンやミュージシャン、テレビの深夜番組のキャスターなどのインターネット検索が、ウイルスやマルウェアに感染するリスクが高いことが明らかになっている。

今回の調査では、コメディアンのエイミー・シューマーが第1位となった。第2位にはミュージシャンのジャスティン・ビーバー、第3位にはテレビ番組「Today」のキャスターで、「The Voice」の司会者も務めるカーソン・デイリーがランクインした。トップ10のうち、ミュージシャンが5名、コメディアンが3名、テレビ番組司会者、俳優がそれぞれ1名が占める結果となっている。なお、「Amy Schumer」と「Torrent」を一緒に検索すると、33%の割合で悪意あるサイトに誘導されることが判明している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×