BIND 9.xに、パケットひとつでDNSサービスが停止する脆弱性(JPRS) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

BIND 9.xに、パケットひとつでDNSサービスが停止する脆弱性(JPRS)

JPRSは、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は9月28日、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について注意喚起を発表した。BIND 9.0.0以降のすべてのバージョンのBIND 9が対象となり、かつフルリゾルバ(キャッシュDNSサーバ)および権威DNSサーバの双方が対象となることから、対象が広範囲にわたる。

この脆弱性(CVE-2016-2776)は、DNS応答を作成する処理に不具合があり、特定の問い合わせに対応する応答メッセージをパケットに構築する際、namedが異常終了を起こす障害が発生する。ISCでは、外部から該当する問い合わせパケットをひとつ送りつけるだけで、namedを異常終了させられることなどから、本脆弱性の深刻度(Severity)を「高(High)」と評価している。

JPRSでは解決策として、本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.10.4-P3/9.9.9-P3)への更新、あるいは各ディストリビューションベンダからリリースされる更新を適用することを挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×