金融機関の口座データとFinTechサービスをセキュアに連携(日立) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

金融機関の口座データとFinTechサービスをセキュアに連携(日立)

日立は、金融機関システムとFinTechサービスのセキュアなデータ連携を実現する「金融API連携サービス」を、国内の金融機関向けに9月26日より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立製作所(日立)は9月23日、金融機関システムとFinTechサービスのセキュアなデータ連携を実現する「金融API連携サービス」を、国内の金融機関向けに9月26日より販売開始すると発表した。金融機関は、同サービスを利用することで、利用者がインターネットバンキングのID、パスワードなどの認証情報をFinTechサービス上に登録することなく、預金口座残高や入出金明細などのデータをFinTechサービス企業とセキュアにやり取りすることが可能になる。

金融機関とFinTechサービス企業の間では、FinTechサービスの利用に必要なデータのみをやり取りするため、インターネットバンキングシステムへの負荷を軽減できる。また、インターネットバンキングの画面仕様の変更に伴う、FinTechサービス企業側でのメンテナンス作業が不要になるため、データ連携が停止することなく継続的な機能提供が可能になる。なお、同サービスは国内の金融機関向けの「銀行API連携サービス」と、日立のインターネットバンキング共同センタサービス「FINEMAX」に加盟する金融機関向けの「FINEMAX API連携サービス」が用意される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×