「CODE BLUE 2016」、新たに2つのトレーニングと3つのコンテストを公開(CODE BLUE事務局) | ScanNetSecurity
2022.08.12(金)

「CODE BLUE 2016」、新たに2つのトレーニングと3つのコンテストを公開(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUEにおいて、24歳以下の講演者を含む全26講演のプログラムを公開するとともに、新たに2つのトレーニングと3つのコンテストを公開した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
CODE BLUE事務局は9月23日、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUE(10月18日~21日、東京・新宿・ベルサール新宿グランドにて開催)において、24歳以下の講演者を含む全26講演のプログラムを公開するとともに、新たに2つのトレーニングと3つのコンテストを公開した。すべてのコンテンツはCPEクレジット付与対象となる。また、全編同時通訳が付く。

新たに追加された2つのトレーニングと3つのコンテストは下記の通り。

・2種類のトレーニング(10月18日(火)・19日(水))

1:マルウェアの静的解析の概要
2:ICS/SCADA の概要と攻撃手段の理解

・3種類のコンテスト(10月20日(木)・21日(金))

1:Hack2Win - ネットワーク機器のハッキング競技
2:F.TRON(仮称)- PCのPwning競技
3:CarHack4All - 車部品のハッキング競技

すべての講演内容はCODE BLUE 2016公式サイトで確認できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×