約21万件の法人情報等を記録した外付ハードディスクを紛失(東京電力パワーグリッド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

約21万件の法人情報等を記録した外付ハードディスクを紛失(東京電力パワーグリッド)

東京電力パワーグリッド株式会社は8月23日、法人情報等を記録した外付ハードディスクを紛失したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京電力パワーグリッド株式会社は8月23日、法人情報等を記録した外付ハードディスクを紛失したと発表した。

これは8月10日に同社社員が、同社の執務室内で業務を行うため外付ハードディスクを使用し、その後、8月16日に同ハードディスクの紛失に気づいたというもの。

紛失した外付ハードディスクには、約21万件の法人情報(契約名義、住所、郵送先、連絡先情報)や社内文書が含まれているという。なお同ハードディスク内のデータには高度なセキュリティ対策が講じられており、外部のPC等では容易にデータ閲覧ができないことから流出の可能性は極めて低いとのこと。

現時点で、情報の流出や不正使用等の被害が発生した事実は確認されていないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×