暗号化製品の新版を発売、ファイルを常に暗号化し脅威にも対処(ソフォス) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

暗号化製品の新版を発売、ファイルを常に暗号化し脅威にも対処(ソフォス)

ソフォスは、暗号化製品の新バージョン「Sophos SafeGuard Encryption 8」を提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ソフォス株式会社は8月9日、暗号化製品の新バージョン「Sophos SafeGuard Encryption 8」を同日より提供開始したと発表した。同社の調査「暗号化の現状(The State of Encryption Today)」によると、ビジネス利用が急速に進んでいるスマートフォンを常に暗号化していると答えたITマネージャーは、わずか29%、Macにおいても43%にとどまっている。また、2018年に施行されるEUのデータ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)では、個人情報の厳重な管理と罰則が決められており、EUに拠点がなくてもEU市民のデータを持っているすべての企業・団体に適用される。

こうした背景から、新バージョンではWindows、Mac、iOS、Androidの各プラットフォームでやり取りされるすべてのファイルを常に暗号化し、ユーザ認証、アプリケーション認証、デバイス認証を常に実行する機能を実装した。管理者があらかじめ指定したアプリケーションでしか復号できないため、万一ユーザ認証を破られて外部から侵入されても、ファイルを完全に保護する。また、複数のセキュリティ製品を連係動作させてセキュリティの自動化を図る同社のSynchronized Security戦略の一環として、同社のエンドポイントプロテクション製品と連係して脅威のインシデントに自動的に対処する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×