IT資産管理・情報漏えい対策ツールと印刷イメージログ監視システムを連携(MOTEX、SNI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

IT資産管理・情報漏えい対策ツールと印刷イメージログ監視システムを連携(MOTEX、SNI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

エムオーテックス株式会社(MOTEX)と株式会社スプライン・ネットワーク(SNI)は8月9日、協業を開始すると発表した。この協業により、MOTEXのIT資産管理・情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」とSNIの印刷イメージログ監視システム「PrintInsight」の製品連携を視野に入れた開発・営業・マーケティング活動を行い、企業における情報漏えい対策を推進する。

MOTEXの「LanScope Cat」は、PCの操作ログを取得することで、現状把握・分析・問題発見までの運用を可能にする。また、USBデバイスの利用制御やアプリの稼動管理、Webサイトの閲覧制限などの具体的な対策を行うことでセキュアな環境を実現できる。また、SNIの「PrintInsight」は、印刷物からの情報漏えい対策に特化した印刷イメージログ監視システム。プリンタから出力された印刷物の中身をそのままPDFやXPS形式で保存することで、ユーザの印刷行動を把握・監視し、紙媒体からの情報漏えいを防ぐことができる。

今回の「LanScope Cat」と「PrintInsight」の連携により、印刷日時やドキュメント名の取得に加え、印刷イメージの把握も即時に行えるため、印刷物の詳細な内容まで確認することが可能になる。両社は今後、企業の情報漏えい対策を支援するための連携を強化し、ユーザに最適なソリューション提供を目指すとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×