SDN/アプリ連携ソリューションと次世代FWを連携、情報漏えい対策など提供へ(アライドテレシス、バラクーダネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

SDN/アプリ連携ソリューションと次世代FWを連携、情報漏えい対策など提供へ(アライドテレシス、バラクーダネットワークス)

アライドテレシスとバラクーダネットワークスは、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューションと、バラクーダネットワークスの次世代ファイアウォール製品の連携で同意した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
アライドテレシス株式会社とバラクーダネットワークスジャパン株式会社(バラクーダネットワークス)は5月23日、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、バラクーダネットワークスの次世代ファイアウォール製品「Barracuda NextGen Firewall Fシリーズ」を連携し、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供していくことに合意したと発表した。

Barracuda NextGen Firewall Fシリーズは、次世代ファイアウォール機能によりセキュリティの確保に加え、ユーザ識別とアプリケーション可視化を使用し、ビジネスクリティカルなトラフィックに最適なネットワークパスを提供するアプライアンス製品。「SES」は、SDN/OpenFlow技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、およびセキュリティの強化を実現する。両社の連携によって今後、マルウェア感染等の脅威感染の可能性がある被疑端末の通信遮断および検疫隔離を動的に行う情報漏えい対策ソリューションを展開する予定だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×