SDN・アプリ連携ソリューションとIT資産管理機能などを連携(MOTEX、アライドテレシス) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

SDN・アプリ連携ソリューションとIT資産管理機能などを連携(MOTEX、アライドテレシス)

MOTEXとアライドテレシスは、両社の製品を連携させたソリューションの提供について合意したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
エムオーテックス株式会社(MOTEX)とアライドテレシス株式会社は1月12日、両社の製品を連携させたソリューションの提供について合意したと発表した。アライドテレシスのSDN / アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、MOTEXのネットワークセキュリティ統合管理ツール「LanScope Cat」を連携し、SDNによるネットワーク運用管理の効率化とネットワークセキュリティの強化を図るソリューションを提供する。

両者の連携により、「LanScope Cat」が管理しているIT資産管理情報をもとにネットワークアクセス制御情報を自動的に設定できる「資産管理情報連携ネットワークアクセス制御プロビジョニング」や、不正操作に該当した端末を任意設定した時間に、業務ネットワーク上より遮断できる「不正操作によるネットワーク利用制限」といったソリューションを展開していくという。両社はこれらの機能・サービスの2016年内での提供を目指し、共同開発・検証を行っていくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×