日本橋店の外商顧客情報の一部が流出(高島屋) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

日本橋店の外商顧客情報の一部が流出(高島屋)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社高島屋は7月28日、高島屋日本橋店の外商顧客情報の一部が流出していたことが判明したと発表した。

これは同店外商部に所属していた元社員が、1999 年から2004年の間の顧客情報を業務のために自宅へ持ち帰り個人所有のPC端末に保存していたが、当該PCをリサイクル店に売却した際にデータ消去が不十分であったことが原因で流出したというもの。

流出時期は2005年頃で421名分の名前、住所、電話番号、カード番号が流出したとのこと。

現時点では不正利用などによる被害の報告は無いという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×