「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 7月22日に待望の配信開始となったスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」だが、実際の認知率や利用率はどのくらいなのだろうか。MMD研究所が7月26日に発表した調査結果によると、認知率は9割を超え、利用率は約4割にのぼることが明らかになった。

 ポケモンGOを知っているか聞いたところ、認知率は92.6%と9割を超えた。ポケモンGOを認知しているスマートフォン利用者1,453人にポケモンGOをプレイしたことがあるか聞いたところ、「ダウンロードしてプレイしたことがある」が39.0%、「ダウンロードしたがプレイしていない」が3.7%、「ダウンロードしていない」が57.3%だった。

 ポケモンGOの利用率を性別に見ると、男性が42.1%、女性が36.1%。年代別に見ると、「15歳~19歳」が51.2%ともっとも高く、「20歳~29歳」が48.0%、「30歳~39歳」37.5%、「50歳~59歳」35.6%、「40歳~49歳」29.3%、「60歳~69歳」15.3%が続いた。

 ポケモンGOの利用者に感想や起きたことについて聞いたところ、「バッテリーの消耗が激しい」が67.9%ともっとも多く、「とても楽しい」45.0%、「スマホを触る時間が増えた」37.4%、「よく歩く」「歩きスマホをした」がそれぞれ34.0%で続いた。

 ポケモンGOの利用実態調査は、15歳~69歳の男女を対象にインターネット調査を実施し、1,949人の有効回答を得た。調査期間は7月25日~26日。

ポケモンGOの利用率、15歳~19歳がもっとも高く51.2%

《工藤めぐみ@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×