約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

総務省は7月22日、2015年末の世帯および企業における情報通信サービスの利用状況等について調査した、通信利用動向調査の結果を取りまとめ発表した。個人に関する調査結果によると、13~59歳のインターネット利用は9割を超えており、60~79歳の利用も上昇傾向にある。また、スマートフォンによるインターネット利用がすべての世代で上昇、すでに13~39歳ではPCによる利用を上回っているが、今回初めて40代でもPCを上回った。

企業に関する調査結果では、クラウドサービスを利用する企業の割合が上昇を続け、今回4割を超えた。全産業において利用が広がっており、運輸業、製造業などで利用する割合が伸びた。また、特に資本金10億円以上の企業で利用が活発であり、76.7%が利用している。テレワークを導入する企業も増加傾向にあり、全体で16.2%、資本金50億円以上の企業では44.9%となった。しかも全体の82.5%が「効果があった」と回答している。

情報通信ネットワークを利用する上での問題点については、前回もっとも多かった「運用・管理の人材が不足」が3位(44.0%)に下がり、「ウイルス感染に不安」(47.8%)、「セキュリティ対策の確立が困難」(44.2%)とセキュリティ面での問題点が1位、2位となった。また、約99%の企業が何らかの情報セキュリティ対策を実施しているが、割合が多かったのはクライアントPCのウイルス対策ソフト(90.8%)、サーバへのウイルス対策ソフト(68.8%)、ID・パスワードによるアクセス制御(62.5%)、ファイアウォールの設置・導入(49.1%)にとどまっている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×